東京建設従業員組合 東京都江戸川区東葛西7-6-4 電話 03−3689−3191
組合の紹介 加入方法 組合費保険料計算システム 資料請求・お問い合わせ アクセス お得な情報 個人情報保護方針
トップページ ニュース

ニュース

201259
「東建従・第35回住宅デー」の統一行動日は6月3日(日)
 日頃お世話になっている地域のみなさまへ感謝の気持ちを込めて開催する「東建従・第35回住宅デ―」の統一行動日は、6月3日(日)です。
 現在、みなさまに満足いただけるよう、各支部でさまざまなイベントを企画しています。
 各支部の日程、会場、イベント内容などの詳細は、後日、ご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。
 お問い合わせは事務局(03−3689−3191)までお願いいたします。

ページの先頭へ

2012326
青年部主催 フットサル練習会
 青年部では、部員の交流と組合員及び青年部拡大を目的として、フットサル練習会を開催しています。お気軽にご参加ください。
■日時…4月28日(土)20時〜22時
■会場…水辺のスポーツガーデンA面(有料駐車場あり)
■住所…東篠崎2ー4
■参加費…無料
 組合員の家族、組合外の建設業者関係も参加できます。年齢は問いません。参加をご希望される方は、運動しやすい服装にて、当日会場までお越しください。なお、スパイクシューズはご遠慮願います。※お問い合わせは事務局・園部(03−3689−3191)までお願いします。

ページの先頭へ

2012323
青年部主催ボウリング大会
 昨年好評だった「青年部主催ボウリング大会」を今年も開催されました。
 3月4日(日)、葛西とうきゅうボウル(イトーヨーカドー葛西店3階)に53人が集まり、午前10時30分頃からゲームを開始。
 当日は家族連れの参加が多かったため、3歳位の小さな子供も楽しめるよう「キッズレーン」や補助具を設置しました。
 今回は「今まで参加したことがない人でも参加したくなるような賞品を」という意見をいただいていたので「ディズニーランドペアチケット」や「国産牛肉」「ウォークマン」など豪華賞品を用意し、抽選で当選した方にお渡ししました。
 参加者からは「賞品が抽選で当たるので、ボウリングの成績が良くなくても最後まで楽しめた」また「子供も楽しめるようキッズレーンなどがあり、家族連れでも安心して参加できた」という声があり、組合員だけでなく、家族にも喜んでいただけたようです。
 また、まだ青年部に加入していない仲間から「フットサルなどの青年部のイベントに参加しているが、楽しそうなので青年部に加入してみたい」という申し出もいただきました。
 

ページの先頭へ

2012321
労働保険年度更新講習会
 3月5日、9日の2日間で、タワーホール船堀に53人が集まり「平成24年度・労働保険年度更新講習会」が開催されました。
 この講習会は労働保険を正しく理解していただくために、毎年開催しています。今年は、江戸川労働基準監督署・産業安全専門官の高橋友和氏を講師に招き「労働災害の事例と措置について」講演をしていただき、
講習会の趣旨である「保険料の改定」「保険料の納付方法」などについては、私からお伝えしました。
 また、労働保険事務組合に所属していないと「一人親方労災」に加入できないことも説明をし、積極的な加入・更新を呼びかけました。
 講習会の参加だけで、完全に理解するのは難しいかもしれません。疑問に感じることがありましたら、事務局までお問い合わせください。

ページの先頭へ

2012224
工事単価積算資料でコストダウン
 不況が続く中、市場競争に勝つためには、建設職人の待遇改善とコストダウンが求められています。
 「工事単価積算資料」は、工種工程別の積算から、建物の部分部位別に単価を設定することで、どのくらいのコストダウンが可能か検討できるものです。
 また、工程別の積算資料を掲載してありますので、通常の積算資料としても活用できます。
 別添資料として、自社の部位別単価を設定し、算出できるように、計算式用紙、同CDを添付しています。
◆価格→3500円
◆在庫が少なくなっています。詳細は事務局・荒井(03−3689−3191)までお願いします。

ページの先頭へ

201228
労働保険年度更新講習会のご案内
  労働保険は原則的に、労働者を1人でも雇っていれば、その事業所は加入手続きを行い、保険料を納付しなければいけません。
 労働保険は労災保険と雇用保険の総称です。労働保険は個人でも手続きができますが、事務組合に委託すると、一層手続きが簡素化されます。
 なお、一人親方労災は、労働保険事務組合に委託しなければ、加入手続きを行うことができません。
 本講習会は、労働保険の内容を正しく理解していただくために開催されます。
■日時…@3月5日(月)9時30分〜11時30分
 A3月9日(金)9時30分〜11時30分
■会場…タワーホール船堀研修室
■内容…労働保険事業所・一人親方労災加入者・新規加入希望者などにおける注意事項など
■その他…安全講習受講カードをお持ちの方は必ずご持参ください。一定の条件を満たした場合には、記念品を差し上げます。
※お問い合わせは東建従(03-3689-3191)までお願いします。

ページの先頭へ

201221
住宅センター会員募集
 住宅センターの会員になると区で受けた住宅相談が、組合を通じて斡旋されます。
 住宅センターでは、現場主体の職人集団が地域のみなさんの相談を受け、提案・施工・集金まで対応をします。
 また、小さな修繕工事から、増改築・建替などのご希望に応えるために、各センターで会議を開き、積極的な意見交換をしています。
■江戸川住宅センター
▽会長…大森英夫
▽会員数…17人
 加入条件…@労災に加
入している者A建築許可・増改築相談員・作業主任者などの有資格者B加入時に満70歳未満の者(70歳が定年)C定例会などに積極的に参加する者。
▽加入金…1万円
■江東住宅センター
▽会長…木賀聖司
▽会員数…22人
▽加入条件…@江東区に営業所がある者A労災に加入している者B定例会などに積極的に参加する者。
▽加入金…5千円
■葛飾住宅センター
▽会長…粟生新市
▽会員数…5人
▽加入条件…葛飾区内、もしくは葛飾区内周辺にすむ者。 
▽加入金…無料
 地域によって加入条件が異なります。詳細は事務局までお願いします。
※お問い合わせ…03-3689-3191

ページの先頭へ

2012123
復興支援・住宅エコポイント制度
  第3次補正予算案に、「復興支援・住宅エコポイント制度」が盛り込まれることが正式に決まりました。
 「復興支援・住宅エコポイント制度」のリフォーム工事に与えられるポイントは、従来の住宅エコポイント制度の上限30万ポイントに加え、耐震改修でプラス15万ポイント、最大で45万ポイントの配分となりました。
 新築に対しての発行ポイントは、30万ポイントから、半分の15万ポイントとなります(被災地での新築は30万ポイント)。また、今回の制度は「被災地復興支援」を目的としているため、発生したポイントの半分以上を被災地の商品券や特産物に交換することになっています。
   工事対象期間は、新築は昨年の10月21日着工から、リフォームは昨年の11月21日着工からで、期限はいずれも今年の10月31日着工までになります。例えば新築の場合は昨年の8月1日から10月20日までの期間、リフォームの場合は昨年の8月1日から11月20日までの期間に着工するとポイントがつきませんので、ご注意ください。
 仕事対策部では2月17日に「復興支援・住宅エコポイント制度」について講習会を開催します。
 ※詳細は事務局・岡本(03-3689-3191)までお願いいたします。 

ページの先頭へ

20111214
「丸のこ等取扱い作業従事者教育」のお知らせ
 特定非営利活動法人「東京建設技術センター」では、下記のとおり「丸のこ等取扱い作業従事者教育」を実施します。
 丸のこ等を使用する作業では、取扱いの不慣れ、安全カバーの機能を無効にしての使用や作業姿勢の悪さ等により毎年多くの作業者が被災しています。建設業全体に幅広く使用されている丸のこ等による労働災害の防止を徹底させるには、丸のこ等の作業者に対する労働安全衛生法に基づく雇入れ時の教育や作業内容変更等時の教育などの安全衛生教育に、丸のこ等に関する内容を盛り込む必要があります。
 まだ、受講されていない方は、この機会にぜひ受講して下さい。受講者には修了証(写真入り)が発行されます。

☆講習日と会場

※日 時 第1回2012年2月21日(火) 
      第2回2012年3月12日(月)
※両日とも17:00〜21:00

※会 場 全建総連会館 会議室 
(JR山手線高田馬場駅下車:徒歩8分)
東京都新宿区高田馬場2−7−15
電話 03−3200−7911

*対象者 建設現場で働く全職種の皆さん  
(事業主・一人親方・労働者すべて)
*受講料 3,800円
*定 員 60名(定員になり次第、締切り)
*申込み 下記申込書に記入の上、顔写真1枚(縦3.5cm×横2.5cm、裏面に氏名記入)と受講料(3,800円)を添えて、組合事務所へ申し込んで下さい。
*その他 
@ 欠席の場合でも受講料の返金は出来ませんので御了承ください。
A 駐車場がありません。車での来場はご遠慮ください。
B 組合に加入されていない方は、申し込みの際に各組合にご相談ください。

詳細は添付ファイルを参照にしてください。

ご連絡は事務局・荒井(рO3−3689−3191)までお願い致します。

[ WORDファイル ]

ページの先頭へ

20111125
住宅エコポイント再開
 住宅エコポイントの再開が、10月21日の閣議決定で第3次補正予算案に盛り込まれました。
 今回、再開される住宅エコポイントの名称は「復興支援・住宅エコポイント」で、被災地の復興支援を目的の柱にしています。
 したがって、被災地支援の観点から、住宅エコポイント制度の変更が行われました。主な変更点は以下の通りです。
●工事対象期間は、新築・2011 年10 月21日(第3 次補正予算案閣議決定日)〜2012年10 月31 日、リフォーム・2011 年11 月21日〜2012 年10 月31 日。※従来の住宅エコポイントは、新築・リフォームともに7 月末までに着手・着工した工事についてポイント対象となっており、復興支援・住宅エコポイントの工事対象期間との間に空白期間が生じますが、この期間はポイント対象外とされます。
●新築のポイントは被災地が30 万ポイント、被災地以外は15 万ポイント。リフォームは上限30万ポイント、耐震改修工事はポイントを別途加算(上限45万ポイント)。ポイント交換では主に被災地支援に関係した物(被災地の産品・製品、被災地の商品券等)と交換。※全国型の商品券・プリペイドカード、被災地以外の地域産品・商品券への交換は行えません。
 なお、申請書類も従来と様式が異なります。
 ※詳細は事務局岡本までお願いします。

ページの先頭へ

←前頁 次頁→
258件:20/26頁
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26